かげきよたけがいきたい

自己満足で。弾けたら嬉しい。主に僕の心に正直な事をここに記していければと思っております。

ヤニ

タイトルのままのお話をしていこうと思います。

話題はタバコ。

最近周りの友人にも吸う人が増えてきました。吸う吸わないは個人の自由なのでそもそもの吸っている事実について文句を言うつもりはなく、吸い方?というか立ち位置について話したいというか、まぁそこの表現は上手くまとまらないので言いたいことに移ります。

 

とにかく自分が周りに吸われてう〜ん嫌だなぁと思うのは自分の荷物や洋服に臭いがついてそれがまぁ臭くてたまらんいうことです。 

健康被害もあるけれども、百歩譲って早く死んでしまいたいよなんて言ったりする時もありますがそれを他人が吸ったタバコが要因で叶えたくはないです。

 

それらの理由から自分はVAPEを愛用しています。匂いもいい香りだし体に有害な物質もないとされています。VAPEのステマをしたいわけじゃないのでVAPEについては掘り下げません。

 

これは直接は伝えづらくブログでぼやかしつつ該当する個人に伝えるためではなく自分の周りの吸ってるみんなに言いたいことで、俺は一緒に居て吸われた時は決していい気持ちではないという意志を知ってほしい旨のブログです。

自分はタバコを吸うことを肯定しないし、辞めさせる権限はないけど吸わない人が居るときに同じ空間で吸った場合には周りに影響があって吸わない立場の人にはそれを気にしている人が居るのを忘れないでおいてほしいです。

自分ともう既に何回も顔を合わせて吸っているような状態がある友達のみんなについてはもうある程度の仲があり自分も友人としての付き合いの上で「まぁしゃーないしいいよ」くらいの気持ちでいますが、初対面の人や、ある程度仲が良くてもその人の前で初めてタバコを吸うようなことがあったら必ず一言「吸ってもいい?」の一言や「タバコ吸ってくるね」と伝えた上で喫煙所に行くなどの配慮が必要とは思います。

 

自分の周りのタバコを吸っている友達はもう既に周りの吸わない人たちにそれを理解された上で今更何も言われない状態にあると思います。

そんな状態だからこそ今一度そのようにのびのびと何も気にせずタバコを吸えてるのは当たり前のことではないんだよ〜!ってことをブログで言いたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ自分大麻は吸ってみたいんですけどね……

 

 

僕とショートヘアとタケちゃんと、それからそれから…

Twitterで好きな髪型は〜?

と聞かれて「ショートヘア」と即頭で浮かぶほど僕はショートヘアが好きです。今回は

なんでショート好きなの〜?????

の部分を細かく紐解いていくブログにしていきます。

 

僕がショートヘアで1番最初に好きになった女性はAKB48篠田麻里子さんです。時期はおそらく小学校高学年の頃で言い訳Maybeヘビーローテーション、RIVERとか多分その辺のAKBでした。なんで好きかって言ったら好きだから好きとしか言えないんですけど完全に心にグッとくるものがありました。

まぁなんでも好きの始まりはフィーリングが多いと思うんですけどね。

麻里子様推しの僕は毎回総選挙で前田敦子大島優子のワンツーフィニッシュはもう当たり前みたいな雰囲気に悶々としていたので「上からマリコ」ができた時には多分この世で世界ランク100位以内に入るくらいにはめちゃくちゃ喜んでたと思います。

ただメンバーの卒業が増え、そもそものコンテンツとしてのピークを超えたAKBから僕も自然と離れていきました。

 

しかしその後僕は運命の出会いを果たしました。

 

それがハロープロジェクトのアイドルグループ アンジュルム竹内朱莉ちゃんです。

アンジュルムって何って人に少しお話しとくとモーニング娘。と同じ事務所の別のグループなんです。ジャニーズもジャニーズって枠の中にいっぱいグループあるみたいにハロープロジェクトって枠の中にも複数アイドルグループがいます。

 

竹内朱莉ちゃんとの出会いはそもそも姉貴がきらレボ久住小春(モーニング娘。)やしゅごキャラBuono!に触れてきた世代であり、僕自身もイナズマイレブンBerryz工房の曲が使われてるのを知っていたりでハロープロジェクトのアイドルが身近で、姉貴にとっても憧れみたいなものになってたのが大きかったと思います。

そもそも可愛い女の子、アイドルを見るのが好きな姉貴はハロープロジェクトの番組をチェックしていて自然とそれを一緒に見ることが多かったんです。

そこに現れたグループがスマイレージでした。(初めて竹内朱莉ちゃんを見た時はスマイレージという名前のグループで少ししてからスマイレージに新メンバーを加えスマイレージアンジュルムとグループ名を変えました。)

 

初めてグループとして見た時は「ショートヘアの子いるな〜」と目に付いたくらいだったのですが、その番組を見る度に自然と僕は竹内朱莉ちゃんだけ追うようになってたと思います。

そんな中姉貴から思いがけない情報が伝えられました。

 

「今度ラゾーナ川崎スマイレージくるよ」

 

その頃からスポーツも音楽でもなんでも実際に見るのが一番いい!と思っていた自分は

 

「行く!!!!!!!」

 

と即答。

 

その週の平日高校が終わってからダッシュで川崎駅に向かいラゾーナ川崎で場所を取ってくれた姉貴の元に向かいました。

 

ステージでミニライブが始まる。

そこで披露された曲はスマイレージのミステリーナイトでした。

【PVのURLです↓】

https://youtu.be/gh6-f1EV_14

 

今まで見ていた曲より衣装がセクシーで雰囲気も素敵で、歌っている姿、踊っている姿が素敵で素敵で、でも時折見せる表情がすごく可愛くて。

 

僕は生で見た竹内朱莉ちゃんに一目惚れしました。これが高校1年生くらいだったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………う〜んキモい。この辺で書いてて辛くなってきたんですが頑張って続けますね。

 

それから先は新曲が出るたびにリリースイベントに行き、そこでの握手会で「もうほんと!〇〇の曲の〇〇めっちゃ可愛かったです😭😭」って伝えて「やーありがとー!!!」ってやりとりが幸せでもうなんかそれからイベントに行く度にMCのコーナーやテレビ、ブログをチェックするうちにだんだんと箱推し(グループ全体を推すこと)になっていくんですが、それでも誰が一番好きかと言われたら竹内朱莉ちゃんです。もう殿堂入り。その上で今注目してるのは伊勢鈴蘭ちゃんです。

 

竹内朱莉ちゃんへの思いの「たけ」をぶちまけるブログになってしまったんですけど、少し話をまとめる感じにすると僕のショートヘア好きの根っこには「アイドル」が深く係わってます。ここは人によって初恋の人だったり、好きなアニメのキャラなりあるんでしようね。

 

今はもう1番お熱だった時からはしばらく立って、今でも好きですけど、高校1年生の時の自分は多分もう恋してました。惚れてました。握手会から帰った日の夜の夢に出てました。本当に。でもそれくらい可愛く、愛おしく思えたんだろうなぁと。

 

なんだかこれは本当に推しへの愛のブログになってしまったことは反省しております。

いまいち人物のイメージがつきづらかった人は

篠田麻里子

竹内朱莉

伊勢鈴蘭

での画像検索

そして

ミステリーナイトのPV↓

https://youtu.be/gh6-f1EV_14

を見てみてほしいなぁと。

画像貼っつけんのは全部可愛くて大変で選べません…

おすすめの画像はTwitterで聞いてください。

 

そんなこんなでおしまい。

Twitterとかで書いて欲しいテーマとかくれたら、やる気が出たら書きますんでリプライとかくれたら嬉しいです。

 

Twitter:@kgky_9

 

弐寺をやるぞ、やるぞ、やるぞ〜!

このブログを書いている2月26日はbeatmania IIDXシリーズの20周年記念日だそうでめちゃくちゃめでたい日だし、僕の音楽観を構成する中でも非常に大きな部分を占めているゲームなので本当におめでとうございますという気持ちでいっぱいおっぱい。

ブログが何かに物申す場になってしまっていたので今回は僕が最近beatmania IIDX触り始めたぞっていうブログです。

 

僕のメインゲームはしばらくmaimaiでbeatmania IIDX(めんどいので以下弐寺)楽曲は大好きでもやはり歴史が長く敷居の高さをどうしても感じてしまい各タイトル2、3クレずつしかやっていませんでした。KONAMI音ゲーを触る順番もjubeat→SDVX→弐寺だったと思います。

そんな中で今回のbeatmania IIDX 26 Rootageはこのブログを書いている時点で↓

f:id:kgky_tkf:20190226003700p:image

23クレもやっているのです。(俺の中で過去と比べるとめちゃくちゃすごい俺めちゃくちゃ偉い)

 

元々収録されている曲が魅力的なんですよね。いい曲しかないんです弐寺って。

いわゆる「過激レイヴ」ってやつなんですけど、僕の過激レイヴの三大コンポーザーが

・Y&Co.

NAOKI

・Cranky

なんですけどわかりやすくこう今風でないんだけど最高にギラギラしてて輝いているユーロビートを書く方達なんですね(もちろん現代に合わせた曲も沢山書いてる)

それでなんですけどその三大コンポーザーのうちNAOKI、Y&Co.を1番堪能出来るゲームってなんだって言ったらそれはもうbeatmania IIDX(正直NAOKIDDRかもしれん)なんですよね!!!!!!!

(ここ全文書いたあとプレビューでチェックしてたら音ゲーオタクきもすぎて自分で死にたくなった。)

 

勇気を出してクレジットを入れて、あらかたの操作方法、オプション設定を教えて貰ってやってみると、もうあの有名な、大好きな曲たちに合わせて弐寺の筐体に立って鍵盤叩いてるってだけで他の音ゲーでは得られない幸福感がすごかったんです。だって音ゲーマーなら弐寺の筐体に立って「タマネギソウル!」したいですよね?俺はしたい。

俺が今まで聴くだけだった曲を遊ぶ側になったんだ!ってもう心では涙をじゃぶじゃぶ流しながら現実はめっちゃ譜面に翻弄されてました。

僕の好きなユーロビートのジャンルってどうしてもリズムが特殊なので初心者に向いた譜面ではないと思うんですよね(俺の苦手な傾向なのかも)。ただそこでもその曲達が好きで好きでたまらないからそれを上手くなれるようにモチベーションが保てるのも本当に素敵なポイントだと思います。現在はノーマルの3~5くらいをEASYのゲージ?でクリアを目指しつつ左手の指を鍵盤ごとに固定した運指をマスターすべくペチペチしております…

 

ただやはりもう1回ハマるとめちゃくちゃ楽しいんですよ弐寺って。以前の僕みたいなBEMANIの曲は曲だけ知ってるけど弐寺は敷居高いなぁとか思っている人はぜひステップアップモードからでも触ってみてほしいです。ステップアップモードを選ぶと基礎的な操作方法とか必要なことをチュートリアル的に教えてくれて、選曲時も全部の曲の中から課題曲として腕前に見あったレベルに絞ってある選曲リストを自動で出してくれるので大量の曲が並んだ選曲画面でさまようこともないと思います。めちゃくちゃオススメですステップアップモード。ただベストはもう既に弐寺をやっていて知識を身につけている人に寄り添ってもらってやるのが1番とは思います🙆そんな人いねえよって人とか友達今日おらんけどやってみよ!って人はとにかくステップアップモード、やりましょう。

 

これほどまでに成長を感じて出来る楽曲が増えていく楽しみが爆発するゲームを20周年という奇跡的なタイミングで楽しめていることに感動しています。

これからも末永く次の10年も、もっと先も続いて、そしてもっと遊びたいbeatmania IIDX!! 

20周年おめでとうございました。

 

 

 

 

アシタノワダイ

最近頭に突っかかってる事についてブログ書こうと思えば書けることと思ったので久々にやっていきます。

今こうやってブログのアプリに文字を打ち込んでいると少しエンジンがかかって来たような感じがしてて、勉強も机に向かうまでが大変で机に向かったらもう行けるみたいなこと聞いたような気がするのでそれじゃないけどいつも通り、今まで通りの殴り書きスタイルでやってきます。

 

今回の話はKくんとRさんの不仲?問題というかそこについて思うことというかまぁどうなんやろなぁという所の話です。(という、って何回使うんだ)

話を始めていく前に前置きなんですけども、まぁブログはやっぱり鍵アカウントとは違い不特定多数が見る可能性がある為わかる人はわかるくらいの書き方には収めようと思ったのでピンとくる人だけわかるようにイニシャルで進めていきます。わかる人はわかる、わかんない人はわからなくていい話。

ただブログなので出来事と僕の気持ちには正直に、こんなことは言わないでくれって言われてないようなことはモラルと信用の範囲で言います。

 

怪しいなーって思い始めたというか、今思えばこれが知る最初のきっかけになるのかなぁというタイミングはKくんがチームを抜けたと言った所で、その時はチームを抜けたって言ってるだけで誰が理由かもわからんしはえーって思ってた程度なんですけどついこの前かな、ウェアハウスでKとR(もうこっからくん、さん付けんのめんどいんで勘弁して)がおそらく同じ空間にいた時があってその場ではどのような事が行われたのかは知らないけどRがTwitterで「一方的に縁切ってきて挨拶しても無視するやつ頭沸いてんのか??????」「せっかくいい人多いし頻繁に遊びに行きたいのにあの脳内小学生のせいで行きづらいな。」というツイートしてるのを見て多分やっぱり二人の間になんかあったんだろうなぁと思っちゃいました。

まずもうこの時点でRの上のツイートがKに対してじゃないんならこのブログ全部誤解で思い込みで書いてることになるのでその場合は申し訳ございません。と先にここで言っておきます。

勝手に不仲認定してごめんなさい。

これからはこの経緯でKとRはなんかあったんやろうなって俺が思ってる状態での話です。

 

続き

まずTwitterのそのツイートを見た限りではやっぱりKとRに何かあったんだろうな、と思った。けど僕はその「何か」の詳細な事実を知らないからこのトラブル?というか問題への答えを正しく出すことは出来ない。ただ2人が不仲になってしまったであろうということはわかった。

それをわかった上で今まで腐るほど言ってきた既存のコミュニティの輪がちぎれてしまう事は非常に残念でもったいなくて、それはちぎれた端っこと端っこ以外に気を遣わせてるというか迷惑をかけているというか、まぁとにかく良くないことではあるよねってこと。これは本当に1億回くらい言った事だからもういいんだけどコミュニティの輪をちぎることをしてしまった人達はその自覚がないか、開き直ってるのか、輪をもう一度繋ごうとする事が出来ないくらいもう相手が憎いのか、少なくとも相手に対しては冷静ではないのかなと思ってます。

Rさんの脳内小学生ってワードを出してるところ、Kの今までの一緒にいて話をした上での嫌った人をまた好きになったり自分の考えがそうそう折れないところを考えるとお互いにもう一度繋がることは難しそうだなぁというふうに見えて。

改めてだけどそれでまたどっちが悪い、どっちが何をしたって言うのは俺はそこまで知れてないから、そこの答えを導くためのブログではないです。

でもこのブログを書いているということで少なくとも俺は知ってる人どうしが嫌いあってるのは嫌だし辛いしめんどくさいし、KくんもRさんも両方自分にとっていい友達だって思ってるからこそ残念で周りにモヤモヤした思いをしてる人もいるぞと、させているんだぞと言うことの示しになるかなぁなんて。自分以外の周りがどう思ってるかは知らないけど少なからず自分はこう思ってます。

決してそれぞれのことを俺は嫌いなわけじゃないしどっちかを悪者にしたい訳じゃなくて、罪を憎んで人を憎まずというのかな罪がある事を憎んでる、それぞれのことは嫌いじゃない。それはわかってほしい別だよ。

 

今後2人がどうなるかはわからない、けど「それぞれ」とは普通にこれからも「今まで通り」やって行きたい。でもそれがいつか「それぞれ」の不仲のせいで「今まで通り」にやれなくなった時が来てしまったとしたら、それは「それぞれ」と僕との関係の終わりになるか「それぞれ」がまた繋がってくれるか。どっちか。片方と終わって片方と繋がってるなんてフェアじゃないというか、その後も「それぞれ」次第。

ちぎったのは俺じゃないし、繋げるのも俺じゃない。

 

おわり

 

 

意識改革の振り返り 〜1ヶ月やってみたら〜

前回のブログの内容の出来事以来僕は

「意識改革」を行ってきました。

その意識改革をしてきた中で

・具体的に何をしたのか

・良かった点

・悪かった点

・改善できる点、今後さらにやりたいこと

を1度この1ヶ月と少しの時点でまた次へ繋げられるように整理整頓と報告をしようというブログになります。

 

【かげきよの意識改革】

1.具体的に何をしたのか

自分の理想像については前回のブログで沢山書いたのでここでは書きませんが、とりあえずは痩せたいと思ったので食生活の見直しから考えました。気をつけた点は

・一人でいる時は無駄に間食をしない

・友達と居る時は好きな物を食べる

・なるべく取れる時は野菜を摂る(野菜から食べる)

などです。過度な食事制限は自分には大きなストレスになると思いましたし、まず無理をしないででも削れるところ、やれる事を考え、もうバイト終わりにLチキ旨辛と酒を流し込んでいた自分はどこかへ旅立たせました…✋

それに加えて自分でも続く運動を考え「縄跳び」を始めました。

夜に時間を作れる日は自分でメニューを考え、慣れてきたら増やしてを継続出来たのが何よりよかったです。縄跳びは体重、体脂肪の減少にも繋がったのでやれて良かったと思いますし今後も続けたいです。

 

2.良かった点

今回の意識改革をした1ヶ月目で得た良かった点を挙げると

・成功も失敗も経験値だと思えるようになった

・体重、体脂肪の減少

・体重測定、縄跳びなどの行動の習慣化が出来た

・自己肯定をすることによってモチベーションを保てた

これらは自分の中で良かったと思っています。体重、体脂肪は最大で記録をつけた日から1.4キロ減りましたし数字として結果にでる喜びでまた次に繋げられたので良いサイクルに入ることができました。

 

3.悪かった点

・自分で決めた甘えとも取れる例外が続いてしまうケースが出た

・縄跳びが天候に左右されてしまう

・縄跳びが出来ない日の縄跳び以外のトレーニングを作れなかった

解説していくと友達と会う予定を立て続けに入れた場合、フロンターレの試合観戦なども入ってきた場合、まさしく今現在では縄跳びトレーニングに1週間の間が空いてしまっています。ただ友達付き合いを減らしたくない、娯楽を制限はしたくない部分もありモチベーション的にも揺れてしまう場面がありなかなか難しいところではあります。

ここから次の点にも繋がるのですが予定だけでなく、天候によっても縄跳びが出来ない日もあったのでトレーニングをすること自体は続いてもそれが不定期になってしまいました、だからこそ家でもできるトレーニングを上手く始められなかったのは自分でモヤモヤしています。

 

4.改善できる点、今後さらにやりたいこと

・家でも出来るトレーニングを始める

・家でも出来るトレーニングを継続させる

・体重測定、縄跳びトレーニングなどの習慣が行えない日が出てきた場合のルールを作ってどうするか決める

 

まず家でも出来るトレーニングと言ったら当然筋トレですね。するべき事は分かっているのでどうやったら継続できるのか、まずは縄跳びの時も続く事が大事なので少ない量から始めて、無理のない範囲で慣れに応じて増やしていこうと思います。

また習慣の行えない日の対応については、体重測定ができない日は最後に入れた体重をそのまま参照する。縄跳びが出来ない日は家の筋トレをちゃんとやる、または夜だけでなく朝にも時間を作ることを心がけてやっていこうと思います。

 

最後ですが、意識改革をまず1ヶ月とちょっとやって来てまだ何も見た目的には変わってないかもしれませんがメンタルの部分はだいぶ変わったと思います。頭の中に意識改革がある状態で今この瞬間まで過ごせてることがまず自分が変われた部分でもあると思います。まだこれからもっと体型も変えれるし、オシャレの部分の髪のセット、ファッションなど手を出せていないことが沢山あるので今回整理した事を活かした次の1ヶ月になればと思います。

まだまだ頑張ります。

おしまい。

意識改革

このブログを書く2日前に、高校1〜2年くらいの頃に遊んでいたりした女の子たち+普通にちょいちょい会ったりして関係が継続してた男子の4-4で久々にあの頃のメンツで飲みでもしようよ〜みたいな会がありました。

 

この今回の飲みのメンツとよく遊んでいた高校1、2年くらいの頃の僕は中学から高校に上がり、新環境で「お友達作ろう〜、でももう運動部には入りたくねえなぁ〜」という気持ちでまぁオタクになり、そこから友達の友達の友達の友達の友達のって広がってその人脈は作られました。

そこから音ゲーにハマってゲームセンター仲間と居る時間が多くなったことにより今回の飲みのメンツとはその頃から音ゲーをきっかけに会う機会はグンと減っていきました。(音ゲー仲間disとかではないです)

 

その頃の僕はまぁ女の子と話せることが嬉しいなぁなんて思うレベルでどうか気に入ってもらえるようにと媚びを売るようなキャラで、そんでオタクでもう今の俺が見たらキモくて絶対友達になりたくねぇなぁって感じでした。

その頃は周りのみんなもって感じだったけどそのメンツみんなで作った黒歴史って感じですかね。

 

そして今回その僕の黒歴史を作った頃のメンツに久々に会うって誘いを受けた時はもう顔真っ赤になって胸がもうギュンワアアアアアアアア!!!!!!!ってなるような気持ちでいっぱいだったんですけども、それでもお酒飲みたいし、黒歴史を肴にするなんて滅多にできないしいいね、って思って行くことを決心しました。

 

当日その時会ってた女の子達とはまぁ2〜3年ぶりくらいに会うので普段から会う訳では無い異性に会うってだけでちゃーんとドキドキしてしまいました。恥ずかしいね。

そして、みんながいざ合流し、その時に僕が見たあの頃のメンツは変わる所は変わったけど変わらない所は変わらないメンツでした。でも久々に会う女子を見て、少し話している中ですぐに僕の中に強く「みんなかっこいい」という気持ちが生まれました。

誰が誰とかはここでは言いませんが胸の上のあたりにピアスを開けていたり、毛先に色を入れていたり、会ってなかった合間に髪を真っ赤にしていたり、普通なら着られてしまうような服を綺麗に着こなしていたり。

飲みで話を聞いていく中でも当たり前のように恋愛をしてきていて、男女の経験も、社会的な異性との関わりからなんやらも全部聞いていて全部全部「かっこいいな」って思いました。

ただそれと同時に同い年の自分はなんてガキンチョで人生経験が浅く、社会的な経験、性的な経験をして来なかったんだろうとものすごく考えてしまいました。

そしてまたそこで思いました。

 

「かっこよくなりたい」

 

と、彼女らの外見からも経験からも感じた「かっこいい」という感情を自分も身につけて、そう思われるような人間になりたいと強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く思いました。

 

その日家に帰ってからはただ夜中に鼻くそほじりながら「痩せたいなぁ」なんて言ってた時とは違う初めての胸のざわめきを感じ、不安と希望と心配とやる気とが入り交じった不思議な気持ちでこんなメンタルになる事は初めてでした。でも、とにかくやろうと、強く僕の中に意識が芽生えました。

この意識のきっかけを作ってくれたあの場とあの時の女子の4人に本当に感謝したいです。(もちろん場としてもたくさんたくさん楽しかったです😌)

 

この飲みとあの女子4人に会って話せたことで今までにない気持ちとメンタルになれてることはきっとまた僕を人として成長させてくれる貴重な経験で大切な日だったんだろうなって思いました。

 

遠回りにはなりましたがそんなこんなの経緯でここ最近はTwitterで強く意識改革をアピールではないですけど、ツイートして自分に「頑張るぞ!」って意識をさせる為にもつぶやいています。

 

ただ人付き合いをないがしろにする気は無いですし、人としてつまらない人にはなりたくないので、自分は自分らしくありつつそこに自分の思う「かっこいい」がちゃんと付け加えられるようにこれから頑張ります。

 

これからもよろしくお願いします。

やるぞ

 

 

 

 

吾輩はブログである。

ブログを書く理由は様々あると思いますが、私は自分のために書いてます。

 

思った事を書いて、ネットの海に投げることはこの大SNS時代には容易な事だと思うのですが、SNS掲示板に自分の考えを貼り付けるイメージとするなら、僕がブログを書いている感覚は考えを書いたものをその辺にポイって置いているような感覚です。

 

SNSだと自然にその考えは誰かの目に入り、良いも悪いも見た人にいろんな感情を湧き起こさせてくるものなんですけど、ブログって必ず1個リンクを踏んでると思うんですね。

見る意志がないと届かない位置にあるというのが大きくて僕は自分の考えをブログに書き、見たい人は見に来る、僕の考えで不快になろうと見に来た人はリンクを踏む前に見ない選択肢も選べたと言えるので、賛否両論別れそうで長ったらしく書きたいことはブログで書いてますね。

 

ここまでは僕個人のブログを書く理由なんですけど通常ブログってどのようなブログを書くんだろうと考えてみました。

 

まぁブログって基本的には有名人(芸能人、スポーツ選手、その他見られる立場の人)が日常を伝えるものなイメージで、それの真似事で何気ない日常を記録しておく、元の意味そのままのネットに記録しておける日記帳だったんですよね。

 

本来はその日記帳であるブログを本当は寝る前に書いてタンスに閉まっているような内容をみんなでちょっと見合ったり、覗けたりするから面白かったんだと思うんですけど、今はもうそんなスタンスには思えないんですよね。

なんというか人に見てほしい、見られるものだという前提で書かれているブログが多いなぁって、広報活動のうちの一つとして利用される物になったんですよね。

 

別にそのスタンスに物申す!納得はいかん!という訳では無いんですがブログらしさってなんなんだろうなぁ〜って思うのが正直な所です。

人に見せようと思って書いた物でなく、書きたいと思ったありのままが置いてあるブログを覗けるのが僕はブログらしさで、面白いのかなーという派ですね。

一言で言うとブログはパフォーマンスでもエンターテインメントでも無いって感じ。

 

これからもこのブログは自分そのものを置いておく場としてやっていこうと思います。